ページの先頭です
メニューの終端です。

カセットボンベの事故を防止しましょう

[2009年7月29日]

カセットボンベの事故を防止しましょう

年間を通して発生しているカセットボンベの爆発、火災事故に注意してください。

カセットボンベが破裂

<事故例>
・2台のカセットコンロの上に鉄板を置いてバーベキュー中、ボンベが爆発した。
・カセットコンロで、炭をおこしていたらボンベが爆発した。
・ガスコンロの近くに置いていたカセットボンベが、突然爆発した。
・台所で、使用済みのガスボンベのガス抜きをしていたら突然爆発した。

予防方法

・熱せられた鉄板の熱や着火した炭の熱、ガスコンロの熱でガスボンベが温められたことが原因。コンロ2台以上並べての使用やコンロを覆うような鉄板や大きな鍋の使用、カセットコンロでの炭や練炭の火おこしはしない。

・カセットボンベをガスコンロ、暖房器具などの火気の近くに置かない。

・室内でのガス抜きは、ガスが充満してガス爆発の原因になる。ガス抜きは、必ず火の気のない風通しの良い屋外で行う。

※カセットボンベの中身は、LPガスにも含まれているブタンガスが主成分。「燃えやすく爆発しやすい危険物」という意識を持って取り扱ってください。

 また、「火気厳禁」と表示されているヘアスプレーや医薬品スプレー、殺虫剤スプレーも同様に注意が必要です。

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署予防係

電話: 0796-24-1119(代) ファックス: 0796-24-2119

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp