ページの先頭です
メニューの終端です。

出石分署に新救急車を配備

[2009年10月5日]

高規格救急車を更新

平成9年の名称公募の結果「のぞみ」と名づけられ活躍してきた救急車ですが、老朽化のためその役割を終えました。

代わって、多くの人の命を救うための最新の救急資器材を積載した新救急車「のぞみ」が配備され、9月18日から運用を開始しました。

新しい救急車は、今まで活躍していた救急車に比べて一回り大きくなっています。
最大の特長は室内空間が広くなり、複数の救急隊員が円滑に活動することが可能になりました。

出石分署では、新たに配備された救急車と最新の救急資器材を使った訓練を重ね、市民の皆様の大切な命を守り「安心安全のまちづくり」に貢献します。

新救急車と旧救急車

左が「新のぞみ」で右が「旧のぞみ」です。

新救急車内

最新の救急資器材を積載しました。

救急車内訓練を実施

広い車内空間と最新の資器材を活用し、救急活動を行います。

AutoPulse(オートパルス)

最新の救急資器材「Auto Pulse」。
胸郭を包み込み胸骨圧迫を人工的に行う器具です。

お問い合わせ

豊岡市消防本部出石分署

電話: 0796-52-0119 ファックス: 0796-53-2018

E-mail: shobo-izushi@city.toyooka.lg.jp