ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症予防のため心肺蘇生法が変更になりました

[2020年7月8日]

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による心肺蘇生法について

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による心肺蘇生法について、国から新たな指針が示されました。

変更点は下記のとおりです。

【基本的事項】

〇心肺蘇生では、倒れている人からウイルスなどを含む微粒子が浮遊した空気を発生させる可能性があるため、処置前にマスクを着用し、屋内の場合は換気に努める。

〇意識や呼吸の確認は、倒れている人の顔にあまり近づきすぎないように行う。

〇胸骨圧迫を開始する前に、倒れている人の鼻と口に、ハンカチやタオルなどをかぶせる。

【倒れている人が大人の場合】

〇人工呼吸を行わず胸骨圧迫のみを実施する。

【倒れている人が小児の場合】

〇胸骨圧迫に加えて人工呼吸も行う。

 ※講習を受けて人工呼吸の技術を身につけていて、行う意思がある場合

【救急隊に引き継いだ後に行うこと】

〇速やかに石鹸と流水で手と顔を十分に洗う。

〇倒れた人の鼻と口にかぶせたハンカチやタオルなどは、直接触れないようにして廃棄する。

対応に困ったら

119番通報をすると、通報を受けた指令センター員が電話ごしで情報を聴取した後、心肺蘇生法を一から指導します。対応に困った場合は、まず119番通報をしてください。

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による心肺蘇生法

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署救急係

電話: 0796-24-8038 ファックス: 0796-24-1278

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp