ページの先頭です
メニューの終端です。

車両搭載装備

[2017年9月2日]

車両搭載装備

救助工作車には、現場活動において欠かすことのできない装備が車両に取り付けられています。

クレーン装置

クレーン装置

車両後部のクレーンを使用し車両等の重量物を吊り上げる事が可能です。最大で2.9tの重量物を吊り上げます。

超高圧噴霧装置

超高圧噴霧装置

少量の水を使用し超高圧噴霧で放水する事により車両火災や小規模な火災に威力を発揮します。連続で約5分の放水が可能です。

照明装置及び画像伝送装置

照明装置及び画像伝送装置

車両の天井から油圧で自動的に伸縮し、高い位置から有効に照明を行います。明るさは100m以上離れた場所でも新聞が読める程度の明るさを確保できます。また、照明の上部にはCCDカメラを設置しており、現場の状況を消防本部にリアルタイムで送信する事が可能です。

ウインチ装置

ウインチ装置

ウインチは交通事故現場において、事故車両の引き離しに用いたり、重量物を固定するために使用します。
Ⅲ型は車両の前後にウインチが取り付けられているのが特徴です。

油圧発生装置

油圧発生装置

油圧を使用する器具を動かすために油圧を発生させる装置です。
オートルーカス(写真左側)車両動力から直接油圧を取る事ができます。ホースは20mあり、近距離であればスピーディーな活動が可能です。
パワーユニット(写真右側)ガソリン燃料によるエンジンで油圧を発生させます。

お問い合わせ

1豊岡市消防本部 豊岡消防署 救助係
電話: 0796-24-1119(代) ファックス: 0796-24-2119