ページの先頭です
メニューの終端です。

消毒用アルコールの取扱いにご注意ください‼

[2020年5月8日]

消毒用アルコールの取扱いにご注意ください‼

エタノールイラスト

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、手指の消毒等のため消毒用アルコールを使用する機会が増えています。

一般に消毒用アルコールは、消防法の危険物第四類アルコール類に該当するものが多く、物質として次の特性があります。

 

~アルコールの火災予防上の特性~

 1 火気に近づけると引火しやすい。

 2 アルコールから発生する可燃性蒸気は、空気よりも重く、低所に滞留しやすい。

  ※このため、ご家庭や事業所などにおいて、消毒用アルコールを使用する場合、下記に示す火災予防上の一般的な注意事項に十分注意の上、安全に取扱ってください。

 

~火災予防上の注意点~

 1 消毒用アルコールを使用するときは、火気の近くで使用しないようにしましょう。

 2 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意しましょう。

    また、詰め替えた容器には「消毒用アルコール」であること、「火気厳禁」などの注意事項を記載してください。

 3 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所を避けましょう。

 4 消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりすることのないように気をつけてください。

 5 室内の消毒や消毒用のアルコールの容器詰替えなどにより、アルコールの可燃性蒸気が滞留するおそれがあります。

   換気を行うなど可燃性蒸気の滞留を防ぎましょう。

エタノールイラスト


 

~危険物に該当する消毒用アルコールとは~

 消防法上、消毒用アルコールの濃度が60%以上(重量%)の製品が危険物に該当します。

 一般的に消毒用アルコールの濃度は、70%~83%(重量%)です。

 危険物に該当する消毒用アルコールには、法令で容器表面に表示が義務付けられています。

 

~表示例~

 
火気厳禁イラスト

表示項目は下記のとおりです。

 1 危険物の品名:第四類アルコール類

 2 危険等級:危険等級Ⅱ

 3 化学名:エタノール

 4 水溶性(第四類のうち、水溶性の危険物の場合のみ表示しています。)

 5 危険物の数量:1,000mL

 6 危険物の類別に応じた注意事項:火気厳禁

 

~多量に貯蔵・取扱いをする場合~

 消防法上の危険物に該当する消毒用アルコールは、貯蔵・取扱い量によっては、消防法又は、豊岡市火災予防条例の規制を受けることから、事前に消防本部にご相談ください。

 1 消防法の規制を受ける数量

   400L以上の貯蔵・取扱いを行う場合

 2 豊岡市火災予防条例の規制を受ける数量

   80L以上400L未満の貯蔵・取扱いを行う場合

 

お問い合わせ

豊岡市消防本部予防課

電話: 0796-24-8036(直)・8045(直) ファックス: 0796-24-1176

E-mail: shobo-yobo@city.toyooka.lg.jp