ページの先頭です
メニューの終端です。

通報から始まる病院前救護

[2019年9月11日]

通報から始まる病院前救護

但馬地域メディカルコントロール協議会による3本部合同救急訓練を実施しました

 2019年9月5日(木)、豊岡市消防本部において、但馬3本部(豊岡市消防本部・南但消防本部・美方広域消防本部)合同による救急訓練を実施しました。

 近年の救急救命士の処置拡大に伴い、隊員にはこれまで以上に判断力や技術の向上が求められるようになり、また救急救命士だけではなく、通信指令員による口頭指導の重要性も高まっています。

 今回の訓練は、各消防本部の救急活動及び口頭指導がより円滑で有効に実施され、救命率の向上と後遺症の軽減に繋がることを目的として実施しました。

 ※口頭指導とは、119通報時に通信指令員が通報者などへ、電話等により応急手当の協力を依頼し、口頭で指導を行うこと。

 

通報内容から必要な応急手当を判断し、口頭指導を実施

口頭指導
気の動転している通報者から情報を聴取し、救急隊が到着するまでの間に必要な応急手当を口頭指導します。

救急隊が到着し救命処置を実施

救命処置

救急隊は現場到着後、傷病者の観察結果から判断し、処置を開始します。

フィードバックの様子

フィードバック
各訓練終了後、医師及び指導救命士からフィードバックを受けます。

まとめ

 今回の訓練では、119通報から始まり、状況聴取、応急手当の指導、救急指令へと繋がり、通信指令員と救急隊の連携の重要性を感じることのできた訓練となりました。各訓練でのフィードバックをもとに、より質の高い現場活動を目指します。

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署救急係

電話: 0796-24-8038 ファックス: 0796-24-1278

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp