ページの先頭です
メニューの終端です。

市民の皆さんに愛される「城崎分署」を目指して

[2015年4月28日]

豊岡消防署城崎分署の庁舎が新しく生まれ変わりました。

  建築から45年が経過し、著しい老朽化と敷地が狭隘で十分な訓練スペースもなかった豊岡消防署城崎分署が、この度、防災倉庫

及び消防団車庫を併設するなど、豊岡市北部の防災拠点としての機能を備えて新たに生まれ変わり、平成27年4月27日に開署式を

迎えることができました。

  多くのご来賓と関係者にご臨席いただく中、中貝市長の挨拶に始まり、中島消防長による事業報告、ご来賓の皆様からのご祝辞を

いただいた後、中貝市長から施工業者様への感謝状の贈呈、テープカットを行い式典を終了しました。

  その後、職員による消防太鼓の演奏、訓練施設を使用した救助訓練を披露し、開署式を終了しました。

 

te-pukatto  kaisyosiki_tyousyasyoumenn
taiko

庁舎の概要

 ○ 住所 : 豊岡市城崎町湯島71-1      ○ 電話番号 : 0796-32-0119

 ○ 敷地面積 : 1,302 ㎡           ○ 建築面積 : 694 ㎡     

 ○ 延床面積 : 1,100 ㎡                       ○ 構造、階数 : 鉄筋コンクリート造 2階建

 

城崎分署新庁舎の4つのこだわり

 

1 街並みと調和した庁舎

tyousya
kakudai
1

 『温泉の町』城崎の街並みにマッチした、瓦葺の建物で情緒あふれる外観となっています。

 

 2 さまざまな災害を想定できる訓練施設
kunnrennsisetu
kunnrennsisetu
CSM

  管内におけるさまざまな災害に幅広く対応するための訓練施設を作りました。この施設を使用して、思う存分訓練が出来そうです。

 

 3 防災拠点としての役割

bousaikyotenn
bousaisouko

   この庁舎は単に消防署の分署としての機能だけではなく、災害に対応するための資機材や非常食などを保管する防災倉庫や、

消防団の車庫も併設するなど、文字通り「豊岡市北部の防災拠点」としての役割を担っています。

 

 4 健康管理や環境にも気遣った設備
kennkoukannri
jimusyo     kannsousitu
syokudou
kannsousitu
boukagityakusousitu
bouto

  24時間を庁舎で過ごす署員が快適に勤務できるよう、豊岡消防初の仮眠室の個室化をはじめとした心身の健康管理に気遣った

環境づくりを心掛けました。

  またペレットストーブやLED電球などを採用し、ジオパークを管内に持つ分署らしく、環境にも配慮した設備となっています。

 

素晴らしい新庁舎ができました。

  これからも私たち城崎分署の職員は、市民の皆様に愛される「城崎分署」を目指し、日々の業務にあたります。引き続き皆様のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

  庁舎の見学など、いつでもお気軽にお立ち寄りください。

tizu

お問い合わせ

豊岡市消防本部城崎分署

電話: 0796-32-0119 ファックス: 0796-32-4462

E-mail: shobo-kinosaki@city.toyooka.lg.jp