ページの先頭です
メニューの終端です。

火災を出さないために!

[2019年11月16日]

「住宅火災編」

①たばこの火の始末は水をかけてしっかりと!

 たばこを吸わない人が増えていますが、たばこによる火災が減っているわけではありません。

たばこの火は、確実に消すことはもちろんですが、水をかけて始末することを習慣にしましょう。

たばこの不始末

②コンロを使っているときは、その場を離れない!

 調理中にその場を離れるときは、コンロの火を消しましょう。

また、コンロの周りに燃えやすい物を置かないようにしましょう。

コンロから離れない

③コンセントプラグのほこりを掃除!

 コンセントはこまめに掃除し、使用していないプラグは抜くようにしましょう。

また、たこ足配線は避け、それぞれをコンセントに差しましょう。

コンセントプラグの清掃

住宅用火災警報器の点検もお願いします!

 機器が古くなると故障や電池切れなどで、いざというときに感知しなくなります。

  • 機器のボタンを押す
  • ひもを引っ張る

 の点検を行ってください。【機器(電池)交換の目安は10年です】

 各ご家庭で、火災予防のご協力をお願いします。

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署調査係

電話: 0796-24-8039 ファックス: 0796-24-1278

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp