ページの先頭です
メニューの終端です。

命を救うための協力体制

[2019年5月20日]

令和元年度第1回豊岡市消防本部ドクターヘリ症例検討会を開催しました。

 令和元年5月7日(火)、豊岡市消防本部においてドクターヘリ・ドクターカー症例検討会を開催しました。

 この症例検討会は年2回開催し、但馬救命救急センターの医師立会いのもとドクターヘリ・カーの出動状況の報告や症例発表を行い、医療機関と消防機関との情報共有及び連携強化を図ることを目的としています。

症例検討会

ドクターヘリ・ドクターカー統計報告・症例発表

 統計報告では、ドクターヘリ・カー要請状況について報告を行い、その中のキャンセル事案等についてアンダートリアージ事案(※1)が無かったかを検証します。

 今回の症例発表では、「多量出血からの心肺停止症例」と「転倒から緊張性気胸に至った症例(※2)」について発表が行われ、救急隊の現場観察、処置及び判断について活発な意見交換がなされました。 

 また、指令センターからはドクターヘリ・カー要請について統計報告がありました。通信指令員が通報内容から生命の危険に関わる内容(キーワード)によるドクターヘリ・カー要請について、より精度を上げてキャンセル率を下げるためにはどうすべきかを協議しました。

 

症例検討会2

 検討会の結果を踏まえ、一人でも多くの命を救うため、ドクターヘリ・ドクターカーとの連携を図り、質の高い救急活動になるよう、日々の現場や救急訓練に取り組んでいきたいと思います。

※1:緊急度を低めに判断してしまった事案

※2:肺に穴が開き、肺外に漏れた空気が肺や心臓などを圧迫している状態

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署救急係

電話: 0796-24-8038 ファックス: 0796-24-1278

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp