ページの先頭です
メニューの終端です。

~救命率の向上と後遺症の軽減を目指して~

[2018年3月20日]

但馬地域メディカルコントロール協議会による救命士研修会を開催しました!

 平成30年2月26、27日 豊岡市消防本部にて、但馬地域メディカルコントロール協議会による但馬地域の3消防本部合同

(豊岡市消防本部、南但消防本部、美方広域消防本部)の救命士研修会を開催しました。

 今回の研修では、指導救命士を講師として状況設定型シミュレーション訓練を実施し、各グループで付与された想定について

意見交換を行ないました。また、観察結果から病態を予測し、特定行為の判断等を検討することで救命士の観察能力の向上を

図り、より円滑な現場活動と傷病者に有益な救急医療を提供することを目的として実施しました。

救命士研修会

  各想定終了後は、但馬救命救急センターの前山医師、濱上医師、安田医師、和田医師から訓練のフィードバックと病態観察

の要点を解説していただきました。

 

救急総合訓練を実施しました!

 平成30年3月15日 豊岡市消防本部にて、救急救命士及び救急隊員を対象にした救急総合訓練を実施しました。

 今回の訓練では、若い救急隊員が複数の傷病者に対して、重症度・緊急度を評価するトリアージを行い、一人ひとりが観察の

スキルアップを目指しました。

トリアージ訓練

 救急救命士は、二次トリアージ訓練を実施し、傷病者の状態をより詳細に観察したうえで、処置の優先順位や搬送順位を

判断しました。

二次トリアージ

 

 

まとめ

 今回の研修会では、机上で行う新しいシミュレーション訓練を取り入れることで、普段一緒に活動することが少ない他本部との意見交換や、

救急現場での観察ポイントを医師に解説していただき、今後の隊連携や円滑な救急活動に繋がると感じました。

 また、救急総合訓練では救命士や救急隊長だけではなく、救急隊員のみでの訓練も行うことで隊全体の質の向上に繋がる訓練となりました。

 

 

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署救急係

電話: 0796-24-1119(代) ファックス: 0796-24-2119

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp