ページの先頭です
メニューの終端です。

救急救助活動における連携力の向上を目指して…(警防課)

[2017年11月19日]

救急救助連携訓練を実施しました!

 平成29年11月14日(火)、15日(水)、豊岡消防署において救急救助連携訓練を実施しました。この訓練は、救急活動と救助活動の

連携が必要な事案において、いかに「救助救命効果」の高い活動を実施できるかを課題として、各署所の実働救急隊と救助隊を対象

に実施しました。 

   各想定は、実践訓練とフィードバックを組み合わせた形で行い、各部隊の連携力の向上と隊員の知識、技術の向上を目指します。

救急救助連携訓練

想定 ① ・・・ 高所作業場における脳卒中の傷病者を救え!

高所

想定 ② ・・・斜面を転落した車内でショック状態の傷病者を救え!

低所

想定 ③ ・・・ 車の正面衝突により車内に閉じ込められた傷病者を救え!

交通

各想定に対するフィードバックの様子

  実践訓練後には、実施した活動についての判断や部隊連携について、フィードバックを実施しました。隊員一人ひとりが活動を振り

返りディスカッションすることで、より充実した訓練へと繋がります。

フィードバック

有毒ガス(硫化水素ガス)事故対応連携訓練

  硫化水素事故に対する想定訓練を実施し、その活動要領と救助隊と救急隊との連携力の向上を図る目的に展示訓練を実施しました。

 

硫化水素事故対応

まとめ

  今回の訓練では、「救急救命士の拡大処置」の実施が適応となる救助現場において、いつ、どのタイミングで救命処置を行うのか、

または救助活動を優先するのかなど、「救助救命効果」の真意を考える、非常に質の高い訓練となりました。また、有毒ガス発生事案

における活動要領の再確認を行い、知識と技術を研鑽することができました。今後も各隊員のスキルアップはもちろんのこと、組織を

挙げて、救命率の向上に努めていきます。

豊岡消防

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署救急係

電話: 0796-24-1119(代) ファックス: 0796-24-2119

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp