ページの先頭です
メニューの終端です。

第46回消防救助技術近畿地区指導会に出場しました!

[2017年7月24日]

第46回消防救助技術近畿地区指導会に出場しました!

 平成29年7月22日(土)、兵庫県広域防災センターにおいて、兵庫県下、大阪府下の救助隊員が一同に集結し、第46回消防救助技術近畿地区指導会が開催されました。

 豊岡市消防本部からは、救助隊員12名が陸上の部4種目の競技に出場し、10名の隊員が入賞を果たしました。

1 各訓練の様子

【ロープブリッジ渡過】1名出場

 水平に展張されたロープ(往復40mの距離)を器具を使用せず、往路はセーラー渡過、復路はモンキー渡過という方法で渡ります。

   ・セーラー渡過は、水兵が用いた渡り方に由来したもので、ロープに乗るバランス力と腕力が必要とされる渡り方です。

   ・モンキー渡過は、猿が渡るような姿に由来したもので、上を向いているために体を支える腹筋力と腕力が必要とされる渡り方です。

渡過

【はしご登はん】3名出場

 地上で自分の体に命綱を作成した後、垂直に固定された高さ15mのはしごを駆け上がります。
はしご登はん

【ロープ応用登はん】2組出場

 登はん者はロープを足に絡ませ、補助者と協力し器具を使用せず、高さ15mまで登ります。
応用登はん

【ほふく救出】2組出場

 3名1組(要救助者1名含む)で行い、1名は空気呼吸器を着装、もう1名が空気呼吸器を着装した隊員に命綱を作成します。命綱を作成した後、長さ8mの煙道内を検索し、要救助者を屋外に救出し2名で安全区域まで搬送します。
ほふく救出

2 大会を終えて

 近畿地区指導会を終えて、今回、残念ながら全国大会の出場権を得ることはできませんでした。しかし、各隊員は全力を出し切りました。
集合写真

3 表彰伝達式

 田邊消防長より入賞者に対し表彰状の伝達がありました。
表彰式

第46回全国消防救助技術大会が開催されます。

 第46回全国消防救助技術大会は、全国の地区大会を突破した救助隊員が一同に集結し、日頃鍛え上げた救助技術を披露します。また、防災は身近なものと感じてもらえるような、複数の体験型防災イベントが計画されていますので、是非足を運んでみてください。

【開催日時】

 平成29年8月23日(水) 9時00分~16時30分

【開催会場】

 宮城県総合運動公園 グランディ・21(宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1)

全国消防救助技術大会

第46回全国消防救助技術大会

▲画像をクリックして下さい▲

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署救助係

電話: 0796-24-1119(代) ファックス: 0796-24-2119

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp