ページの先頭です
メニューの終端です。

水難救助訓練を実施

[2009年7月16日]

水難救助訓練

雄大な円山川が流れる豊岡市ですが、時に河川は危険な場所にも成り得ます。

河川での事故に備え、水難救助に関する知識や技術の向上を図るため水難救助訓練を実施しました。

・訓練内容   ①溺者救出訓練

           ②想定訓練

水難救助資器材

水難救助資器材

(左上)フローティングロープ・・・水に浮く素材のロープなので、水中で障害物に絡まることがありません。救助隊員の確保等に使用します。
(左下)スローバック・・・・・・・・・・メッシュ状のバックの中に、水に浮くロープが収納されています。ロープの端を持ち、要救助者に向かって
                     バックごと投げ、ロープをつかんだ要救助者を引き寄せ、救助します。
(右上)浮環・・・・・・・・・・・・・・・・水中の要救助者がつかまって水に浮くための浮輪状の救命具です。フローティングロープを結び、要救助
                                             者に投げたり、救助隊員が直接渡します。
(右下)ライフジャケット ・・・・・・・着用者を水上に浮かせる救命用具です。水難救助には欠かすことのできない装備です。            

訓練状況

ロープ結索

河川へ入水する隊員へ確保ロープを結索

ロープ投入

溺者にスローバックでロープを投入

救出

浮環を引き寄せて要救助者を救出

泳いで救助

救助隊員が泳いで要救助者の元へ

お問い合わせ

豊岡市消防本部日高分署

電話: 0796-43-2119 ファックス: 0796-43-2032

E-mail: shobo-hidaka@city.toyooka.lg.jp