ページの先頭です
メニューの終端です。

出水期と水による事故の前に・・・(出石分署)

[2015年8月2日]

水難救助訓練実施!

   出石分署では、夏休みに水辺で遊ぶ人達の事故、また、自然災害(台風・ゲリラ豪雨)による孤立住民が発生した場合の対応として、

 迅速な救出・救助活動が行えるように、流水域での水難救助訓練を実施しました。

   日 時 平成27年7月10日・13日

     場 所 分署南側を流れる1級河川出石川

訓練開始

訓練内容

浅瀬横断訓練

浅瀬横断

 一人法:上流側を向いて両足と強固な棒の                                 ウェッジ方式:クサビ形にスクラムを組んで横断します。 

            三点支持で横断します。                                               浅瀬の横断では一番強固な隊形と言われています。       

                                                                                                                                                                                                                                       

救命浮輪及びロープ投入訓練

浮輪

 救命浮輪の投入

スローバッグ

 ロープ(スローバック)の投入

 意識のある要救助者に対して、浮輪、またはバックに収納されたロープを投げ込み救出する訓練です。

 

泳法訓練

泳法

 ディフェンシブスイム:足側を下流に向け足を水面に出すことにより、前方の障            アグレッシブスイム:クロールの姿勢で到着地点を見失わ

              害物を排除しながら自己防衛する泳法です。                                 ないように水面から顔を上げて泳ぐ泳法です。

                                                                

 

最後に・・・

 水難救助の基本は、陸上からの救助を第一優先としています。PFD(救命胴衣)を着装しますが、

救助者が二次災害に巻き込まれないように、それぞれについて確認・訓練を実施しました。

 海川では細心の注意を払って楽しい夏を過ごすとともに、台風やゲリラ豪雨にも事前の備えをしましょう。

 

 

住宅用火災警報器

住宅用火災警報器を設置しましょう!!
画像をクリックしてください。

お問い合わせ

豊岡市消防本部出石分署

電話: 0796-52-0119 ファックス: 0796-53-2018

E-mail: shobo-izushi@city.toyooka.lg.jp