ページの先頭です
メニューの終端です。

安全運転実技研修会を行いました。

[2013年3月22日]

平成24年度『安全運転実技研修会』を行いました。

 兵庫県但馬広域防災拠点において、2日間にわたり延べ100名の職員が参加し、『安全運転実技研修会』を行いました。

 車長や車幅といった車両感覚を養うとともに、後退時の誘導等の研修を行い、運転技術の向上と交通事故防止を図ることを目的としました。

安全運転管理者あいさつ

今年度、交通研修センターにて緊急車両指導員研修を終えた2名の職員が指導員となり、各コースの指導にあたりました。

指導員による指導

コース① 『S字コース』

S字コース
各車両によってコース幅を変え、スタート位置から前進でゴールまで進み、今度は後退にてスタート位置へ戻るまでを一連の研修としました。
機関員目線
機関員は、車幅や車長の感覚を確かめながら運転を行いました。特に後退時は、改めて誘導員の大切さを感じました。

コース② 『タコつぼ』

タコつぼ

パイロンで作成したタコつぼ(円形で出入り口が1ヶ所)に、前進で進入し出来るだけ切り返しを少なく行い、再び前進で出ていくコースです。

機関員目線

すえ切り(停車した状態でハンドルを切る動作)をしないよう注意し、ハンドル操作の上達につながりました。

コース③ 『スラローム』

スラローム

直線状に設置したパイロンをスラローム状に前進し、今度は後退をして元の位置へ戻るまでを行いました。

さらに、タイム計測を行うことで、緊急走行に近い緊張感をあたえての研修も取り入れました。

機関員目線
特に内輪差に注意しながら、いかに安全に、かつスムーズに走行することを現場同様に心掛けました。

 

 

  今後も指導員の養成や実技研修を重ねることで、交通事故防止と車両運行のレベルアップを図っていき

たいと思います。

 

 

住宅用火災警報器は設置されてますか?

自分自身はもちろん、大切な家族の命を住宅火災から守るため、住宅用火災警報器を設置しましょう。

 

住宅用火災警報器

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署機械装備係

電話: 0796-24-1119(代) ファックス: 0796-24-2119

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp