ページの先頭です
メニューの終端です。

熱中症予防のポイントなど(リーフレットが公開されています。)

[2011年6月21日]

熱中症とは

熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により、対内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、様々な症状をおこす病気です。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

症 状

・体温上昇

・めまい

・体がだるい

・ひどくなると「けいれん」や「意識異常」

ポイント

① 部屋の温度をこまめにチェック!
  (普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします。)

② 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!

③ のどが渇いたと感じたら必ず水分補給!

④ のどが渇かなくてもこまめに水分補給!

⑤ 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!

⑥ 無理をせず、適度に休憩を!

⑦ 日頃から栄養バランスの良い食事と体力作りを!

(リーフレットより抜粋)

 

リーフレットは次のURLからもアクセスできます。

総務省消防庁ホームページ 熱中症対策リーフレット(ここをクリックして下さい。)

 

熱中症を予防して元気な夏を!

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。