ページの先頭です
メニューの終端です。

地域で守る文化財!!(出石分署)

[2011年2月11日]

地域で守る文化財!!(出石分署)

「文化財防火デー」消防訓練

 昭和24年1月26日世界最古の木造建築物として有名な「法隆寺金堂」が炎に包まれ、この火災を契機に1月26日を「文化財防火デー」と定め、全国的に火災から文化財を守るための運動が行われてきました。                                            

 出石町では、多くの文化財を保有しており、今回の訓練場所である宗鏡寺・願成寺も、県指定文化財の本堂庭園のほか市指定文化財も多く保有しています。                                                                    

 1月23日(日)午前9時から豊岡市出石町東條の「宗鏡寺・願成寺」において豊岡消防署出石分署、出石消防団、東條地区自主防災組織、教育委員会文化振興課と合同で文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。

 

①火災発生!!

①火災発生!!

延焼拡大中!!

②寺の住職による初期消火

消火器による初期消火活動!!

③東條区自主防災組織による放水開始

火災発生から15分で放水開始!!

④消防機関到着

ホース延長!!

⑤消防団、消防署による放水開始

火勢鎮圧!!

 

訓練終了後、引き続き東條区民及び宗鏡寺・願成寺住職を対象とした消火器及び消火栓の取扱い訓練を実施しました。

【消火器取扱い訓練】

訓練用消火器を使用する地区住民

【消火栓取扱い訓練】

消火栓を使用し放水体験

 

 文化財保有の建物は木造建築が多く、常に火災の危険性と背中合わせです。今回の訓練を終えて、消防署・消防団の連携も重要ですが、何といっても地域住民の協力なしでは文化財を守ることは出来ません。これからも地域全体で大切な文化財を守っていきましょう。

お問い合わせ

豊岡市消防本部出石分署

電話: 0796-52-0119 ファックス: 0796-53-2018

E-mail: shobo-izushi@city.toyooka.lg.jp