ページの先頭です
メニューの終端です。

たばこ火の始末は水をかけてしっかりと

[2009年1月1日]

たばこ火の始末は水をかけてしっかりと

たばこを吸わない人が増えていますが、たばこによる火災は減っていません。

たばこの火災は、くすぶり出してから燃え上がるまでに時間がかかり、外出や就寝で発見が遅れ、被害が拡大することが特徴です。

たばこ火災

・投げ捨てたたばこで枯れ草などが燃えた

・完全に消えていなかった灰皿の吸い殻をくずかごに捨てて外出し、ごみが燃えた

・たばこの火が布団などの上に落ちたことに気付かず燃え出した

・灰皿にたまった吸い殻の中で、くすぶり出した

 

たばこ火災の防止法

・たばこの火は、確実に消し、水をかけて始末する

・灰皿に水を張り、吸い殻をこまめに始末する

 

寝たばこはしない