ページの先頭です
メニューの終端です。

春の火災予防運動を実施します!!

[2019年2月28日]

 春の火災予防運動を実施します!! 

 平成30年度防火標語

 「 忘れてない? サイフにスマホに 火の確認 」 を合言葉に、春の火災予防運動を実施します。

 目 的 

 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、市民の皆さんに防火に関する意識や行動力を高めていいただくことで、「火災の発生防止」と「火災が発生した場合の被害の軽減」を図ることを目的に実施するものです。

消火活動

 実 施 期 間 

 平成31年3月1日(金) から 平成31年3月7日(木)  まで

 重 点 確 認 事 項 

 1  住宅用火災警報器は、住宅における火災を早期に発見し、被害の軽減につながる防災機器です。

    故障や電池切れによる作動不良を防ぐために、日頃から点検を行うなど、維持管理をお願いします。

 2  空気が乾燥しやすい時季となります。風の強い日には屋外でのたき火や火入れなどは控えるとともに、

    火の取り扱いには十分注意しましょう。

 3  放火されないよう、建物のまわりに燃えやすい物を置かないなど、周囲の環境を整えましょう。

 4  消防用設備等の維持管理の徹底と、万が一の時に備え、避難経路を確保しておきましょう。

 5  電気機器の適切な使用とたこ足配線に十分注意し、機器からの火災の発生を未然に防ぎましょう。

重点確認

〇 住宅防火 いのちを守る 7つのポイント 〇

7つのポイント

 3つの習慣

 1 寝たばこは、絶対にやめましょう。

 2 ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用しましょう。

 3 ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消しましょう。 

4つの対策

 1 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置しましょう。

 2 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用しましょう。

 3 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置しましょう。

 4 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくりましょう。

〇 パンフレットをご覧ください 〇 

 住宅火災予防啓発パンフレット 

住宅用火災警報器設置・維持管理パンフレット

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

豊岡市消防本部 予防課
電話: 0796-24-1119 ファックス: 0796-24-1176
E-mail: shobo-yobo@city.toyooka.lg.jp