ページの先頭です
メニューの終端です。

~救命率の向上と後遺症の軽減を目指して~

[2017年9月13日]

但馬地域メディカルコントロール協議会による救急訓練を実施しました!

 平成29年9月13日(水)、豊岡市消防本部において、但馬地域メディカルコントロール協議会による但馬地域の3消防本部合同

(豊岡市消防本部、南但消防本部、美方広域消防本部)の救急訓練を実施しました。平成27年4月から開始した救急救命士の処

置拡大(心肺停止前の静脈路確保と輸液・血糖測定及び低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与)をはじめ、心肺停止の傷病

者に対する救命処置を迅速かつ的確に実施できることが目的です。これからも、更なる救命率の向上と後遺症の軽減を図ります。

救急訓練実施

心肺停止前の静脈路確保と輸液

心肺停止前の静脈路確保と輸液

血糖測定及びブドウ糖溶液の投与

血糖測定及びブドウ糖溶液の投与

心肺停止に対する救命活動

心肺停止に対する救命活動

フィードバック

 但馬救命救急センターの小林医師、前山医師、濱上医師、和田医師から各訓練想定における活動の要点を解説していただき、

各隊の活動を振り返りフィードバックしていただきました。医師と救急隊がディスカッション形式で話し合い、共通認識を高めます。

 

フィードバック

まとめ

 今回の救急訓練では、心肺停止の傷病者に対する救命処置をはじめ、心肺停止前の傷病者へのアプローチや観察力の重要

性を学び、的確な処置を瞬時に考え実行する判断力と行動力を培う、非常に質の高い訓練となりました。但馬救命救急センター

の先生方からいただいたフィードバックをもとに、より一層、質の高い病院前救護を目指していきます。

 

 

heart to heart
住警器

お問い合わせ

豊岡市消防本部豊岡消防署救急係

電話: 0796-24-1119(代) ファックス: 0796-24-2119

E-mail: shobo-keibo@city.toyooka.lg.jp