ページの先頭です
メニューの終端です。

本部・竹野出張所合同救助訓練

[2008年11月27日]

本部救助隊との合同救助訓練を実施

救助現場での本部救助隊との連携を強化するために、竹野各隊は、9/8(月)・9/9(火)両日、合同救助訓練を実施しました。

今回は、本部救助工作車の車体後部に取り付けられているクレーン装置(ユニックV373)を活用した訓練を実施しました。

訓練では、病人が高いところにいる場合と、河川で取り残された人が低いところにいる場合の2つの状況を設定し、クレーンを使って救助を行いました。

アウトリガー(車体を安定させるための油圧ジャッキ)の設定・クレーン誘導要領の確認

ワイヤー(フック)誘導

アウトリガーを出し、ワイヤー(フック)誘導

クレーン誘導

クレーン誘導

訓練1 病人が高い所にいる場合の救出訓練

《状況設定》 建築作業中の男性が、2階屋上で熱中症と思われる症状で倒れたもの。

     (意識はあるが、動くことが出来ない)

バスケット担架に収容し、クレーンにて救出

バスケット担架に収容し、クレーンにて救出

訓練2 取り残された人が低い所にいる場合の救出訓練

《状況設定》 ゲリラ豪雨により河川が増水し、魚釣りをしていた男性が橋脚部分に取り残されたもの。

     (意識はあり、歩行も出来る)

取り残された人の元に、隊員が下に降りる

取り残された人の元に、隊員が下に降りる

クレーンの誘導に、もう1名隊員が下に降りる

クレーンの誘導に、もう1名隊員が下に降りる

取り残された人をクレーンで救出

取り残された人をクレーンで救出

お問い合わせ

豊岡市消防本部城崎分署竹野出張所

電話: 0796-47-1119 ファックス: 0796-43-6006

E-mail: shobo-takeno@city.toyooka.lg.jp