ページの先頭です
メニューの終端です。

防災力を高めるために・・・ (出石分署)

[2014年7月1日]

災害に備えるものは・・・

災害に備えるものは・・・

支えあう地域づくりが防災機能を高める!?

  多くの犠牲者を出した平成7年1月の阪神・淡路大震災では、瓦礫の下から救出された人のうち約8割が家族や近所の住民らなどによって

救出されたという報告があり(図1)、特定の地域では自力または家族や近所の住民によって救出された割合が90%を超えるという調査結果

もあります(図2)。 いざという時、頼りになるのは近所や地域住民の方の力が非常に大きいのです。

図1.2

災害は多種多様・・・

災害は多種多様・・・

出石地域の取り組み

出石地域では各地区で防災訓練、防災講話が定期的に開催されています。

地域をあげた防災への取り組みに消防署員も立会い、各地域の特性等を考えながら共に防災力をあげるお手伝いをしています。

菅谷地区消火訓練
福住区防災講話

まとめ

  今や災害は、「忘れた頃にやってくる」のではなく、「忘れる前にやってくる」時代です。あらゆる災害に対して、私たちが今、備えるべきものは

地域をあげた防災力=自主防災です。 まずは、一人一人が災害に備え(自助)、そして地域全体で備える(共助)、このような防災のための地

域コミュニティ作りが、現在も豊岡市の各地区で行われています。

 消防署でも消防団をはじめとする、地域住民の方との連携を密にし 災害に強い豊岡市 を目指していきたいと思います。

まとめ

お問い合わせ

豊岡市消防本部出石分署

電話: 0796-52-0119 ファックス: 0796-53-2018

E-mail: shobo-izushi@city.toyooka.lg.jp