ページの先頭です
メニューの終端です。

みんなで守ろう文化財!~文化財を災害から守る~(日高分署)

[2014年2月17日]

みんなで守ろう文化財!~文化財を災害から守る~

第60回文化財防火デー

平成26年1月26日(日)文化財防火デーに伴い、日高町観音寺地区にある県指定文化財の仁王門及び観音寺において消防訓練を実施しました。

消防訓練の様子

地区住民による初期消火活動

観音寺の檀家による重要文化財の持ち出し。それと同時に、地区住民によるバケツリレーでの初期消火を実施。

初期消火

消防隊及び消防団による消火活動

日高消防団が仁王門を守るため放水を実施。

消防団放水

 

 

日高分署消防隊と日高消防団が協力し、観音寺本堂までホースを延長、放水を実施。

放水はじめ!

消火器取り扱い訓練

地区住民を対象に消火器の取り扱い訓練を実施。

消火訓練

 

文化財防火デーとは?

昭和24年1月26日世界最古の木造建築物として有名な「法隆寺金堂」が炎に包まれ国民に大きな衝撃を与えました。この火災を契機として1月26日を「文化財防火デー」と定め、「みんなで守ろう文化財」を標語に、文化財を火災、震災その他の災害から守る文化財防火運動を展開しています。

 

お問い合わせ

豊岡市消防本部日高分署

電話: 0796-43-2119 ファックス: 0796-43-2032

E-mail: shobo-hidaka@city.toyooka.lg.jp